好きなことをすきなだけ

好きなことを好きなだけ適当に書くブログ。土日は更新ないよ。

納豆嫌いがおすすめするマシに食べられる方法5選

こういうタイトルにすると

閲覧数が増えるのだとか。

 

どうもおやさいです。

 

ブログネタにも困るし、

日記みたいなものとはいえ多少は

閲覧数も欲しいのです。

 

わがままですね。

 

そこで、

納豆嫌いがおすすめする

マシに食べられる方法5選をお伝えしようと思います。

 

月曜から納豆の話題だなんて

納豆大好きかな?()

 

あの納豆特有のにおいと

食べたあとずっと残っている(ような気がする)

あのネバネバ感

 

どうも苦手です。

 

なんかもう食べたあとずっと自分が納豆感

あってダメです。

 

そこまでなら食べなくてもいいじゃんって

話なんですけど

納豆には

・ナットウキナーゼ

・タンパク質

・イソフラボン

・レシチン

・ビタミンB2

・モリブデン

・大豆サポニン

などなどが含まれており、

なにせ体にいいのです。

 

なのでなんとかして食べてます。

 

というわけで、おすすめ5選いきましょう。

 

 

カラシを多めに入れる

味をごまかすやつですね。

付属のだけだと足りないのでチューブのやつを足します。

カラシ味になって納豆感は薄まります。

カラシが苦手な人には向きません。

ごめんなさい。

 

キムチを足す

これが一番おすすめ。

辛いので納豆感は薄まり、

キムチの食感で納豆の食感もごまかせます。

ちなみに個人的な話ですけど、

にんにくが苦手なのでにおわなキムチを入れてます。

こちらも辛いのが苦手な人には向きません。

ごめんなさい。

 

マヨネーズを足す

納豆感は1番無くなります。

ただもったりするので、

納豆のネバネバ感が苦手、という方にはあまりおすすめできません。

だだ本当に納豆感は無くなります。

マヨネーズも苦手な人多いですよね。

 

粒が大きすぎないものを選ぶ

粒が大きいと納豆食べてる感が強すぎるので、普通〜小さめのものを選ぶとマシです。

ただこれも個人的な話ですけど、

ひきわりはあまりおすすめできません。

確かに粒は小さいし、皮もないので食べやすいのですが、

なにせ納豆感が強い。

ものによるんでしょうか?

 

におわなっとうを食べる

最近はこれですね。

他のものと比べて圧倒的に納豆感が少ないです。

これなら付属のタレをかけて、さっくり混ぜるだけで食べられます。

それでも苦手な方はだめだと思うので、

これにカラシを足したり、キムチをいれたりすると

もう怖いものなしです。

 

どうでしょう。

納豆、食べられるようになりそうでしょうか。

そもそも誤魔化せば食べられるってことは

そこまで納豆嫌いじゃないよな?

と言われてしまえばそれまでなのですが。

 

おわり